トップページ.pngトップページ.png病院概要.png病院概要.png外来診療.png外来診療.png入院診療.png入院診療.png連携センター.png連携センター.png
看護部.png看護部.png診療部.png診療部.png求人情報.png求人情報.pngアクセス.pngアクセス.png空.png

「薬あるところに薬剤師あり」をモットーとする

医薬品使用に対するすべての責任を負い、安全な医療を提供する
新たな薬剤師業務を展開していく
常に自己研鑚に励む
医薬品の安全使用のための情報提供を十分に行う
安心・安全で最良の医療を提供するための診療支援を十分に行う

外来業務

お薬相談窓口

お薬について心配なこと、不安なことがございましたら、いつでもご相談下さい。

院外処方せんの監査

医師の処方内容を確認し、安全な薬物療法が行える体制をとっております。

腎機能評価

腎臓は加齢とともに機能が低下していきます。腎臓から排泄されるお薬では、腎機能の低下により体内の薬物濃度が上昇し、副作用のリスクが高まる可能性があります。
腎機能の評価を適切に行った上で、副作用を未然に防ぐ取り組みを行っております。

定期的な検査が必要な薬剤の評価

重大な副作用を未然に防ぐために、定期的に検査が必要なお薬があります。
それらのお薬について、検査実施の有無を確認したり、医師に検査の提案を行い、安全な薬物療法が行えるように診療支援を行っております。

入院業務

薬剤管理指導業務

お薬の作用や飲み方、注意が必要な食品との相互作用、副作用等の服薬指導を行っております。
また、検査値等の検査情報を確認するとともに、薬歴管理を行い、安全な投薬を心がけております。
入院時に患者さまが持参されたお薬は、薬剤師がそのお薬の内容を鑑別し、医師に情報提供や処方提案を行い安全な薬物療法が行えるような取り組みを行っております。

無菌調剤業務

注射薬は直接体内に入るお薬のため、無菌的に投与する必要があります。
当院では、必要に応じて無菌環境であるクリーンベンチ内において、薬剤師が無菌的な操作を行い、注射薬を混合しています。

医薬品情報提供業務

医薬品情報提供(DI)業務では、医師や看護師等の医療スタッフからの問い合わせに対応したり、安全な薬物療法を行うために必要な情報(DIニュース等)を提供し、院内のお薬情報発信基地の役割を担っております。

その他

 お薬を使用する上で間違って使用すると危険性が高い薬剤(ハイリスク薬)に関して、
 当院では様々な取り組みを実施しております。

治療の有効性が狭い、または有効性まで到達しないと治療効果が得られない薬剤について、投与前では投与初期シミュレーション(処方設計)を行い、投与後では薬物血中濃度の解析・処方の再設計に関与しております。

腎機能が低下している患者さまやご高齢な患者さまにとっては、副作用が起こりやすいお薬がありますので、お薬の投与量や投与間隔の調整、またはより安全なお薬への処方変更の提案を行っております。

定期的な検査が必要な薬剤の使用状況、検査実施の有無、患者さまのモニタリングの実施を行い、早期発見できるように努めています。